ラップで顔面を覆いながらの電マオナニーで快楽失神するモデル

ラップで顔面を覆いながらの電マオナニーで快楽失神!

窒息 水責め 失神 首絞め

撮影前には笑顔が漏れていた、撮影序盤にもまだ笑顔を見せる余裕はあった。
しかしスタッフの窒息責めの力の加減がなくなり苦しさを感じ始めると、もはやそこに笑顔はなく恐怖と息苦しさに苦悶の表情を浮かべる2人のモデルの姿だけがあった。

2人の脳裏には走馬灯と共に、いくらお金のためとは言えこんな仕事を引き受けるんじゃなかったという後悔の念、そして少しの快感がよぎったと思われる。
そこで見せる苦悩と後悔の表情こそがとても良い被写体となりうる。

1人目の犠牲者は18歳のK、最初はラップしたままオナニーし、幾度となく押し寄せる快楽に浸る。
しかし無理やり頭を抑えられて水槽に押し込まれると、咳き込み、苦痛で顔を歪めるのだった。
2人目のCは20歳、ラップで顔面全体を覆い電マオナニーに快楽と苦痛の狭間で彷徨い、気絶してしまう。
水責めされるとかなりの苦痛を伴い息ができず、顔面をうっ血させながらもがき苦しむ。

窒息体験 四
・主演:
・メーカー:10のナイフ ten Knives
・監督:
・画質:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする